愛知県議会議員(一宮市選出)

神戸 健太郎かん べ  けん た ろう

活動の記録

定例議会 議案質疑

R03年3月

定例議会 議案質疑

(県議会)

環境局の予算案について質疑を行いました。
【プラスチックゴミ削減の取組】
(Q)プラスチックごみ、特に海洋プラスチックの増加が世界的な問題になっている。本県のレジ袋の利用削減の状況はどうなっているか。
(A)レジ袋辞退率を大幅に向上させた店舗を表彰しており、2018年度には、県内で約3億枚のレジ袋を削減した。今年度は、環境省主催の「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」にて優秀賞を受賞した。
国の調査で、昨年のレジ袋有料化に伴いレジ袋辞退率が約30%から約70%に向上したことを踏まえ、本年1月から、表彰対象となるレジ袋辞退率目標を50%から80%に引き上げ、さらなる削減を目指す。

(Q)SDGSでは、2030年までに様々な持続可能な開発目標を定めており、今後10年間は、未来を決める大切な時間と言える。プラスチックごみの削減のため、どのような啓発活動を行っていくのか。
(A)プラスチックの長期利用や、分別の徹底など、安易に廃棄しない意識の向上が重要である。
子ども達には、ポイ捨てされたプラスチックが海に流れ出てマイクロプラスチックになってしまうことや、プラスチックごみを減らす工夫などの環境学習を推進する。
事業者には、製品の設計段階からプラスチックの使用を削減しながら再利用する事例紹介のセミナー、市町村職員や市民団体向けの研修を推進する。

定例議会 一般質問

R03年3月

定例議会 一般質問

(県議会)

3項目について、質問を行いました。
【一宮市保健所への支援】
(Q)一宮市は、本年4月の中核市移行に伴い、県から保健所業務が移管される。市職員は経験や知識が十分ではなく、県に支援をお願いしたい。
(A)医師、薬剤師、獣医師、保健師を含む19名の県職員を一宮市保健所に派遣予定で、4年程継続する。新型コロナ対策を始めとする重要な役割を、しっかりと支援していく。

【小中学校における教育のデジタル化】
(Q)児童生徒一人に一台の端末が配備されるが、教員の指導力向上が望まれる。県教委として、市教委にどんな発信をするのか。
(A)モデル校での端末授業に、従来型教育を融合させた授業公開、活用事例のWEB化により、共有を進める。新学習指導要領が目指す「生き抜く力を育む、主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて授業の改善を支援していく。

【流域治水対策】
(Q)激甚化する水災害に対して、国は、河川のハード対策に加え、河川に流れ込む流域全体で排水量をコントロールする流域治水の方針を打ち出した。本県、特に日光川流域での取組を問う。
特に、遂に事業化された、日光川2号放水路の整備を早期促進して欲しい。
(A)県内53の二級水系について、令和3年度中に流域治水計画を策定する。特に、県内最大の流域面積を持つ日光川は、モデルケースとして、2号放水路や支川の整備、雨水貯留施設、リスク情報の共有化、避難体制の構築など、先行して策定する。

あいちスタートアップ・エコシステム

R02年11月

あいちスタートアップ・エコシステム

(県議会 産業イノベーション推進特別委員会)

デジタル化の急速な進展による産業構造の転換、自動車産業の変革の中、愛知県は、スタートアップ(新しいビジネスモデルを創り、成長する起業家)による新産業の創出、製造業との連携を後押ししています。
私が副委員長を務める特別委員会において、「あいちスタートアップ・エコシステム」(スタートアップを自立的に成長させる仕組み)の構築取組、中核支援拠点「ステーションAi」のWith/Afterコロナ時代に対応する柔軟な設計、非接触・モバイル化に対応するDX環境のあり方等について議論しました。

定例議会 賛成討論

R02年7月

定例議会 賛成討論

(県議会)

6月補正予算案について、県民の生命と健康、事業と雇用を守るために必要不可欠な新型コロナウイルス対策が含まれているとして、自民党県議団を代表し賛成討論を行いました。

6月補正予算案に含まれる主な新型コロナ対策
① 医療面での支援
病床確保や高度医療設備の整備、医療機関や薬局での感染防止対策、感染リスクがある環境で働く医療・福祉施設の職員への慰労金、等
② 学校教育
県立学校での空調整備、小中学校に学習の遅れを取り戻すべく非常勤講師や学習指導員を配置する市町村への支援、私立学校でのオンライン学習の利用料助成、等
③ 経済対策
無利子・無担保の融資枠の拡大、商店街へのプレミアム商品券発行、タクシー事業者への運転席と後部座席を隔離するスクリーンの設置支援、観光業への県内旅行を促進する旅行商品への助成、等

私立高校授業料の無償化の拡充

R02年3月

私立高校授業料の無償化の拡充

(県議会)

昨年末、国は令和2年度の私立高校の授業料無償化の対象を年収590万未満世帯まで拡大しましたが、私が所属する自民党私学振興PTでは、県が独自に上乗せできないか、知事と議論の結果、年収720万円未満世帯にまで、平均年間授業料412,800円の助成対象を広げることができました。
私立高校生の5割、専修学校生の7割の授業料が無償化され、全国トップ水準となり、県独自の入学金無償化も5割の生徒にまで広げられます。今後も、子供たちの未来へのチャレンジを後押ししていきます。

定例議会 一般質問

R02年3月

定例議会 一般質問

(県議会)

①消費者の安心安全(通販での定期購入や架空請求のトラブルの削減、等)②就職氷河期世代への就業支援(求職者への支援、企業への採用働きかけ、等)③県営住宅の整備(長期ビジョン、バリアフリー化、等)の3項目につき質問を行いました。

那覇空港貨物ターミナル「ANA沖縄貨物ハブ」

R02年1月

那覇空港貨物ターミナル「ANA沖縄貨物ハブ」

(那覇市)

国内各地から、夕刻羽田空港に集結した貨物は、夜間那覇空港に到着、24時間通関の後、貨物専用機で、翌朝アジア主要都市に届きます。例えば、東北地方で水揚げされた新鮮な魚が、翌日の昼、香港のレストランに並びます。また、製造業の部品センターとして、緊急ニーズに対応する補修部分の保管と発送も行っています。セントレアでの事業可能性の参考にしたいと思います。

尾西排水機場

R01年11月

尾西排水機場

(一宮市明知)

豪雨浸水対策に寄与する一宮市南西部の尾西排水機場のポンプ改修工事を見学しました。日光川・領内川から「尾西排水路」を通じ木曽川へ毎秒35㎥を排出する能力があり、同地区の「日光川玉野・祖父江放水路」の毎秒55㎥の排出能力とあわせ、毎秒90㎥の洪水を木曽川に排出できます。日光川の水位が一定以上になると稼動しますが、運用開始の平成9年から現在まで23年間で26回、今年度は4回もの稼動をしています。

北海道大学 農学部

R01年11月

北海道大学 農学部

(札幌市)

最先端の「スマート農業」が研究されており、GPSに導かれたトラクターが、誤差数センチで無人走行していました。農業生産額が全国第8位の愛知県にとって、農業従事者の減少と高齢化が進展する中、省力化の参考になる事例でした。今後、ロボット技術、人工衛星によるリモートセンシング技術、5Gを始めとする通信技術の進展にあわせて、実現に向けた法整備や安全性ガイドラインの策定なども求められてきます。

愛知県農業総合試験場

R01年10月

愛知県農業総合試験場

(長久手市)

愛知県農業の技術開発拠点として、土壌・安全性評価・病害虫対策、稲・麦・大豆の食味や栽培技術、野菜・花き・果樹の新品種育成、牛・豚・鶏の畜産環境などの研究を行っています。写真は、コチョウラン(愛知県は産出額全国1位)栽培における、コスト削減を目指した間欠冷房と高圧細霧冷房の実験室です。

兵庫県地域医療支援センター

R01年10月

兵庫県地域医療支援センター

(神戸市)

兵庫県と神戸大学医学部が一体となり、医師の偏在対策として地域医療人材を育成する施設です。おもに、兵庫県養成医師制度(県が修学資金を貸与して医師を育成、地域医療機関へ派遣、派遣期間後は県職員として就業)における現役医学生のサポート、養成医のキャリアパス(体系的な経験取得)支援を行います。病理診断、内視鏡、遠隔画像診断などのトレーニングセンターなども設置されています。

東京都子供家庭総合センター

R01年9月

東京都子供家庭総合センター

(東京都新宿区)

東京都児童相談センター(福祉部局)、東京都教育相談センター(教育部局)、警視庁新宿少年センター(警察)の相談機関が同じビルに入居、連携し、児童虐待、不登校、発達障害、非行などの問題を抱える子供と家庭を支援する拠点です。都全体の年間虐待相談件数は1万5千件超、現場での対応には、マニュアルによる知識や技術に加えて、様々な経験が必要であり、児童福祉司や児童心理司などの職員の確保と育成が急務とのことでした。

愛知県医療療育総合センター

R01年7月

愛知県医療療育総合センター

(春日井市)

昭和40年代に心身障害児者の福祉総合施設として設置された「心身障害者コロニー」は、老朽化が進み、さらに障害者福祉のあり方が「施設福祉」から「地域福祉」へ大きく変わった中で、再編整備を進めてきました。
平成28年「こばと棟」「リハビリセンター」が、本年3月「本館棟」が整備完了し、障害児者への高度な医療療育、地域療育支援、発達障害者支援センターの機能を充実させて生まれ変わりました。

長野県庁 農政部

R01年7月

長野県庁 農政部

(長野市)

昭和27年に制定された米、麦、大豆の優良な種子を公共財として守ろうとする「主要農作物種子法」は、平成30年に、種子品質は安定しており、今後は都道府県による開発供給体制を生かしつつ、民間ノウハウも活用して開発を進める必要があるとして、廃止されました。
「食の安全・安心の確保」の観点から、独自に「主要農作物の種子に関する条例」を制定した長野県を訪問、経緯や内容をヒアリングしました。

定例議会 一般質問

R01年6月

定例議会 一般質問

(県議会)

①豪雨災害に備える新たな取組(運用開始された「5段階の警戒レベル」による避難勧告、避難指示)、②小規模事業者の経営革新支援(経営者の立案支援)、③中小企業の人材育成支援(人手不足の状況下の人材活用)、の3点について質問を行いました。

定例議会 議案質疑

H31年3月

定例議会 議案質疑

(県議会)

「空家対策推進補助金」に関する予算案について質問を行いました。
保安上の危険や衛生上の問題がある空き家の除却に加えて、地域の交流施設への改築、市町村への人的サポート、他県の先進事例の共有化を推進するように要望しました。

自動運転の実証実験

H31年2月

自動運転の実証実験

(一宮市)

次世代通信システム「5G」等を活用した自動運転の実証実験が、一宮市で行われました。運転席に人が乗らない「レベル4」で、万一、衝突などの危険を察知した場合のみ、モニターによる遠隔操作に切り替わります。試乗しましたが、とても滑らかな加速で実用化に近づいていることを実感しました。

八幡交番の移転新築

H31年2月

八幡交番の移転新築

(一宮市)

八幡交番の開所式に参加しました。平成27年に旧大和北交番との統合により担当地域が拡大したこと、築後44年が経ったことにより、ケーヨーデイツー一宮八幡店の南側に移転新築したものです。地域の「安全安心の要(かなめ)」になることを期待したいと思います。

定例議会 一般質問

H30年11月

定例議会 一般質問

(県議会)

①介護職員の定着(現場の負担を軽減する介護ロボットの導入、モチベーションアップの取り組み)、②商店街の活性化(土地や建物の所有者と商店主が異なる場合の方策立案の支援)、③グローバル人材としての日本で就職を希望する留学生の就職支援、の3点について質問を行いました。

兵庫県消防防災航空隊

H30年10月

兵庫県消防防災航空隊

(兵庫県神戸市ポートアイランド)

兵庫県と神戸市の共同運営により、ヘリコプターの高速性、機動性を活かした救急、救助、火災防御、災害応急活動を行っています。救助隊員には、飛行、救命、防災の広範囲にわたる知識が求められ、日頃から訓練が行われています。

積水ハウス

H30年10月

積水ハウス

(大阪府大阪市)

平成29年度「女性が輝く企業表彰」で内閣府大臣表彰を受賞し、東京証券取引所が選定する「なでしこ銘柄」にも建設業界で唯一、5回の選定を受けています。女性の活躍を経営戦略と位置づけ、仕事と育児・介護の両立を支援する柔軟な勤務制度(在宅勤務制度など)を導入しています。

九品地公園競技場

H30年8月

九品地公園競技場

(一宮市)

南海トラフ大地震を想定した「一宮市総合防災訓練」に参加しました。40以上の公的機関と地域住民(今年度は貴船連区、富士連区)が参加し、負傷者の救助、初期消火、集団避難、市役所の災害対策本部による情報伝達、等の実践的な訓練が行われました。

名古屋港

H30年7月

名古屋港

(名古屋市港区)

海上自衛隊の中でも最新鋭の「ヘリコプター搭載型護衛艦いずも」を見学しました。全長約は250m、横須賀港を母港としています。
従来型に比べて、航空運用機能(離着陸できる航空機の数や種類)が増強されています。
国防活動だけでなく、災害時の救援物資輸送や生活支援なども行っています。

首相官邸

H30年7月

首相官邸

(東京都千代田区)

自民党愛知県議団「夢あいち21」研究会メンバーとして、菅内閣官房長官を訪問、2022年に県政150周年を迎える愛知県は、多様な世代が活躍できる/リニア新時代を見据えた/災害に強いまちづくりを目指していきたいというビジョンを表明し、国の支援を要請しました。

定例議会 議案質疑

H30年3月

定例議会 議案質疑

(県議会)

愛知県が資金を拠出している「あいち中小企業応援ファンド」は、その運用益によって中小企業への補助事業を行っています。「低金利で運用益が減少する中、平成30年度以降の補助対象をどうしていくのか」との質問に対して、「繊維、窯業、食品、家具、工芸品の地場産業の販路開拓に特化した内容とする」旨の答弁がありました。

定例議会 一般質問

H30年3月

定例議会 一般質問

(県議会)

①中小企業の事業承継支援(後継者不足に悩む中小企業への相談体制づくり) ②文化芸術の振興(芸術を企画運営面から支える人材の育成、県庁内の横断的な取り組み) ③介護保険制度における地域密着型サービス(制度の定着と利用拡大への取り組み)の3点について質問を行いました。

愛知県立芸術大学

H30年1月

愛知県立芸術大学

(長久手市)

自然豊かな丘陵地にあり、学生数は美術学部と音楽学部をあわせて1000人程の少人数教育ながら、多くの優れた芸術家や教育者を輩出しています。S41年の開校から約50年が経過する中で、H25年には音楽学部の新校舎が竣工、さらに現在、美術学部のデザイン棟が建設中で、時代の要請に応える芸術大学への機能向上が進んでいます。

あいち産業科学技術総合センター「知の拠点あいち」

H30年1月

あいち産業科学技術総合センター「知の拠点あいち」

(豊田市)

付加価値の高いモノづくりの支援拠点として、特に従来のミクロン単位(1000分の1ミリ)の技術を、ナノレベル(100万分の1ミリ)にまで展開する試験施設(シンクロトロン光による計測装置)が整備され、産学官の連携により運営されています。中小企業の支援にも注力し、自動車、セラミックス、繊維、エネルギー、医療、等の幅広い分野で活用されています。

品川駅北部の開発計画

H29年9月

品川駅北部の開発計画

(東京都港区)

リニア中央新幹線開業(2027年)により名古屋駅と40分で結ばれるJR品川駅の北部(約15ha、車両基地の跡地)では、都市再生機構(UR)が土地区画整理事業を行っています。品川駅・田町駅の間には(写真のクレーン箇所)新駅が開業し、品川駅北口駅前広場、JRの東西を結ぶ環状4号線道路、等の建設が予定されています。

大府もちのき特別支援学校

H29年8月

大府もちのき特別支援学校

(大府市)

H30年4月開校に向けて建設が進んでいます。
愛知県内の知的障害特別支援学校は、H25年度時点で、12校、478教室、児童生徒数3,828人でしたが、近年開校が進み(H26年稲沢市、H27年豊橋市、H30年大府市、H31年瀬戸市)、H31年度には16校、660教室、児童生徒数4,243人にまで拡充します。

定例議会 一般質問

H29年3月

定例議会 一般質問

(県議会)

①熊本地震を受けての住宅の耐震対策(旧耐震基準の木造住宅への補助拡充) ②高等学校の普通科の活性化(将来の目的意識や職業観を高めさせるコース制やキャリア教育の導入) ③尾張西部地域の広域道路ネットワーク(名岐道路の整備要望)の3点について質問を行いました。

京都ジョブパーク

H29年2月

京都ジョブパーク

(京都府京都市)

ハローワークと連携して、相談から就職、職場への定着まで、ワンストップで支援する総合就業支援拠点です。学生就職センター、マザーズジョブカフェ、障害者就職支援コーナー、UIJターンコーナー等が一体となって設置されていました。

日光川水閘門(すいこうもん)改築工事

H28年12月

日光川水閘門(すいこうもん)改築工事

(海部郡飛鳥村)

日光川の中下流域一帯は海抜ゼロメートルよりも低くなっています。伊勢湾に接する河口部の水閘門には、高潮・津波から地域を守り、洪水時にはゲートを開けて、水を排出する機能がありますが、建設後50年以上が経ち、現在改築工事を行っています。

愛知県公館

H28年12月

愛知県公館

(県庁内)

自民党県議団 尾張東地区会・尾張西地区会の合同で、大村知事に対して、平成29年度当初予算要望書(予算編成に向けて、各地域の重点要望をとりまとめたもの)を提出しました。

知多浄水場

H28年11月

知多浄水場

(知多市)

長良川を水源とする水道用水を名古屋港の海底導水路経由で知多半島内の4市5町の家庭に、一方で木曽川を水源とする工業用水を新日鉄住金を始め知多半島44事業所に、安定供給しています。

国土交通省 近畿圏臨界防災センター

H28年9月

国土交通省 近畿圏臨界防災センター

(大阪府堺市)

大規模地震発生時の港湾施設の応急活動の基幹的広域防災拠点であり、救援物資の中継基地、被災地支援隊のベースキャンプ、ヘリコプターによる医療支援、等の機能を持っています。

警察庁 近畿管区警察局災害整備訓練施設

H28年9月

警察庁 近畿管区警察局災害整備訓練施設

(大阪府堺市)

警察の災害対応能力向上を目指すための施設で、地震、土砂、水害の3つの訓練エリアに、12の訓練設備が配置されていました。

宇宙航空研究開発機構

H28年9月

宇宙航空研究開発機構

(東京都調布市)

愛知県での国産初ジェット機(MRJ)量産にも寄与している航空技術研究や飛行シミュレーションの現場を見学しました。

千代田化工建設

H28年9月

千代田化工建設

(神奈川県横浜市)

自動車の燃料電池で利用される水素を液体化させ、常温、常圧で貯蔵、輸送できるデモプラントを見学しました。

三菱重工人材開発センター

H28年8月

三菱重工人材開発センター

(名古屋市)

航空機製造における人材育成プログラムの概要、実習の内容を調査しました。

木曽川連合水防演習

H28年5月

木曽川連合水防演習

(稲沢市)

国、愛知県、岐阜県、三重県、市町村による合同訓練が行われました。

伊勢志摩サミット アウトリーチ国歓迎レセプション

H28年5月

伊勢志摩サミット アウトリーチ国歓迎レセプション

(名古屋市)

G7以外のアジア6ヶ国、アフリカ1ヶ国の首脳を歓迎し、愛知県を「Heart of Japan」としてPRしました。

愛知歯科医師連盟デンタルミーティング

H28年5月

愛知歯科医師連盟デンタルミーティング

(名古屋市)

歯周病予防を始めとする口腔ケアが、健康づくり・介護予防に深く関係することについて受講しました。

愛知総合工科高等学校

H28年4月

愛知総合工科高等学校

(名古屋市)

ものづくり愛知の未来を担う先進的な工業高校が、地下鉄星ヶ丘駅近くに開校します。

三河青い鳥医療療育センター

H28年3月

三河青い鳥医療療育センター

(岡崎市)

肢体不自由児と重度心身障害児者を対象とする140床の病院・福祉施設が開所しました。

中部国際空港

H28年3月

中部国際空港

(常滑市)

近年のLCCの増便により、朝夕は約2分に1回という相当タイトな状況で離着陸があり、安全面からも2本目の滑走路が望まれる状況となってきています。

愛知県がんセンター

H28年2月

愛知県がんセンター

(名古屋市)

最新の医療技術(手術支援ロボット「ダ・ヴィンチXi」)、県内各地のがん診療連携拠点病院との連携、患者の精神的苦痛を和らげる様々な取り組み、等を調査しました。

兵庫県立粒子線医療センター

H28年1月

兵庫県立粒子線医療センター

(兵庫県たつの市)

最先端のがん放射線治療である「陽子線治療」と「重粒子線治療」の双方をあわせ持つ施設を調査しました。

あいち小児保健医療総合センター

H28年1月

あいち小児保健医療総合センター

(大府市)

中部地区最大の小児専門救急病棟が完成しました。屋上のヘリポートでは奥三河や伊勢志摩からの患者搬送も可能です。

一宮市消防出初式

H28年1月

一宮市消防出初式

(一宮市)

市民の命と財産を守る消防職員・消防団員の勇姿を見ることができました。

愛知県消防学校

H27年12月

愛知県消防学校

(尾張旭市)

他県の消防学校と比べると、実践型の教育施設が不足していること、老朽化と施設の狭さは否めない状況を実感しました。

名古屋港

H27年11月

名古屋港

(名古屋市、東海市、知多市、弥富市、飛島村)

取扱貨物量で13年連続日本一を続ける名古屋港の強みである伊勢湾岸自動車道や中部国際空港と連携した陸海空の一貫輸送体制、河口の土砂浚渫の課題、等を調査しました。

湘南ロボケアセンター

H27年11月

湘南ロボケアセンター

(神奈川県藤沢市)

神奈川県の「さがみロボット特区」では、生活支援、介護、災害調査、等の新しいロボットが誕生しています。生活支援ロボットスーツによるリハビリには、自治体が助成を行っていました。

東京中央卸売市場大田市場

H27年8月

東京中央卸売市場大田市場

(東京都大田区)

愛知県が日本一の生産量を誇る花き(菊、バラ、等)の競り市の現場を見学しました。

名古屋鉄道本社

H27年8月

名古屋鉄道本社

(名古屋市)

現名鉄百貨店から、笹島交差点(上空)を経て、日生ビルに至るまでの、約400mの大規模開発計画の構想をヒヤリングしました。

ささしまライブ24

H27年8月

ささしまライブ24

(名古屋市)

旧国鉄笹島貨物駅の跡地約12haを、名古屋市が土地区画整理事業として整備しています。

国立長寿医療研究センター

H27年7月

国立長寿医療研究センター

(大府市)

認知症や運動器疾患に関する「研究所機能」と、もの忘れセンターやリハビリテーションという「診療所機能」をあわせ持っています。

尾張水害予防組合 防災訓練

H27年5月

尾張水害予防組合 防災訓練

(江南市)

多発する局地豪雨(ゲリラ豪雨)災害に対しても、適切、柔軟な行動がとれるよう、尾張地区から多数の水防団が参加していました。一宮水防団の皆様に、感謝の言葉を申し上げました。